2021.01.16

【生産者】かぶせ茶、そして”かぶせ茶カフェ”

毎年、新茶の季節になるとソワソワしてきます。

今年は、どのタイミングでここに行こうか・・・

目的は「かぶせ茶カフェ」のかぶせ茶の天ぷらです!!

そもそも、かぶせ茶とは・・・・

藁などで1週間前後茶園を覆い、日光を遮って育てたお茶のことです。

太陽の光をあてずに新芽を育てるため、茶葉の緑色が濃くなり、渋みが少なく旨みを多く含みます。

 

そして、GW前。

自分達で摘み取った新芽を、その場で天ぷらにして頂くことが出来ます。

 

システムとしては、

かぶせ茶カフェでザルを受け取る

→新芽を摘み取る(摘み取り方が書かれた紙を頂けます)

→カフェに渡すと、アツアツの天ぷらに。

新茶のかぶせ茶も、種類が選べ、頂くことができますよ。

初めて頂いた時は衝撃だった、かぶせ茶のお浸し。

お茶としてたくさん頂いた後に、最後に茶葉をポン酢醤油で頂けます。

 

毎年、テレビか新聞で取り上げられて話題になるので、行くならGW始まる前の平日がオススメです。

かぶせ茶カフェ

有限会社マルシゲ清水製茶

〒512-1105三重県四日市市水沢町998

TEL 059-329-2611 FAX 059-329-3008

わからないことがございましたら『お問い合わせ』フォームよりご連絡下さい。
Contact